高血圧の改善におすすめの成分とサプリメントについて

高血圧は色々な疾患の要因となりますので、早い段階で対策を講じたいという人は大勢いるのではないでしょうか。程度がそれほど重くない場合は、高血圧といっても体調不良などがありませんので、何もしないでいるような人もいます。軽度の高血圧なら見逃してもいいかもしれませんが、健康診断で引っかかったら、改善策を考える必要があります。高血圧のほかにも、いろいろな身体疾患を未然に防ぐには、体を動かすことや、食事を改善することが大事です。食事や運動の他にも、健康を大切にしている人の多くが、サプリメントを利用して栄養成分を補給しています。健康に役立つサプリメント商品のなかに、血圧を下げる効果のある成分が配合されているものもあります。高血圧の原因の一つに血中の塩分濃度の高さがあります。そのため、カリウムを摂取して、塩分の排出を促進するという方法もよくとられています。ビタミンDや、副甲状腺ホルモンは血管の収縮を促して血圧を上げます。これらの成分の働きを抑えるために、カルシウムサプリメントを使う人もいます。マグネシウムは、カルシウムの働きを促進する成分ですので、サプリメントでマグネシウムとカルシウムを併用するのがおすすめです。高血圧にいい成分として、このほかにはアリシンがあります。アリシンは、血中脂質の調節や、血栓を減らす効果、殺菌効果等があります。悪玉コレステロールの抑制や血圧を下げる作用があるオレウロペイン、交感神経の働きやノルアドレナリンの分泌を抑制するタウリンもあります。血圧を上昇させるアンジオテンシン変換酵素の働きを抑制するペプチドなどもあり、サプリメントを利用する場合は、これらの成分が含まれているものを選ぶことが大切です。
エンジニア ポートフォリオ