女性のセ〇クスにおける7つの本音

知らないとマズい!女性のセ〇クスにおける7つの本音
女性は、セ〇クスの本音をあまり男性側に伝えません。
理由は「恥ずかしいから」や「男性を思いやって…」などですね。
決してマイナスな気持ちだけで伝えないわけではありません
しかし、男性としては女性の本音も知りたいですよね。
お互い満足できるセ〇クスを実現するためにも、女性の本音を7つ紹介していきます。
8割の女性はセ〇クスが好き
まず男性と同じように、女性もセ〇クスは好きです。
しかし、あまり女性はセ〇クスをしたがらないイメージがありますよね。
男性よりも性欲が少ない方が多いので、「女性=性欲がない」という認識が出来上がってしまうんですね。
もし現実で性の話題になっても、女性は男からのイメージを保つため「自分は性欲はない」と答えるでしょう。
しかし、内心では女性も男性と同じように性への興味はありますし、ムラムラすればセ〇クスがしたくなります。
実際に「withonline」というサイトでは、「セ〇クスは好きですか?」というアンケートに対し、8割以上が「はい」と回答しています。
withonline:Q.セ〇クスは好きですか?
女性は信頼している男性に対してのみ、性欲が湧く傾向があります。
もしアナタにパートナーがいるなら、関係が悪化していない限り「セ〇クスがしたくない」という事は基本的にありません。
誘い時を見極めて、満足できるセ〇クスを目指しましょう。
ペ〇スサイズはあまり気にしていない
男性は自分のペ〇スサイズを非常に気にしますが、実は女性はあまり気にしていないケースが多いです。
個人差はありますが、女性は大きさや長さよりも「硬さ」「太さ」を重視している傾向にああります。
女性1000人に「ペ〇スで最も重視するポイント」を聞いたところ、「特に気にしない」が53.3%で過半数を占めたが、気にする女性のなかでは「硬さ」(26.0%)、「太さ」(10.1%)、「長さ」(7.3%)の順だった。
引用:NEWポストセブン
ペ〇スが膣にきちんと入っている感覚や、密着感を意識しているんですね。
女性の膣の長さは、およそ8㎝程度と言われています。
そのため、医学的にはペ〇スのサイズは8㎝以上あれば、セ〇クスに問題はないとされています。
とはいえ支障はなくとも、相性や好感度によっては快感に差が出ることはありますよね。
そこで、ペ〇スの使い方やセ〇クスの技術を学びましょう。
ピス〇ンにおける、ペ〇スの「使い方」が大事だという女性は非常に多いです。
たとえペ〇スが小さくても、セ〇クスの技術が高ければ女性は満足できます。
アナタがペ〇スのサイズに悩んでいるのなら、まずはセ〇クスの技術を高めましょう。
女性でもオ〇ニーはする
女性も男性と同じようにオ〇ニーをします。
しかし、やはり現実で「私はオ〇ニーをする」とは、なかなか言えません。
なるべく清楚なイメージをもたれるため、「オ〇ニーはしない」と言ってしまうんですね。
男性にありがちな勘違いとして、「オ〇ニーをする女性=欲求不満な女」があります。
女の子もオ〇ニーするのに「人にはなかなか言えない」理由。
やはり、その一番の要因は「オ〇ニーする女子=欲求不満」という一方的なレッテルを貼られやすいことのような気がします。
引用:日刊SOD
男性もオ〇ニーをするにも関わらず、性欲が少ないというイメージから、そう思うんですね。
実際はそうではありません。
あくまで、性欲の処理方法としてオ〇ニーをしているだけ。
欲求不満と勘違いして、セ〇クスを誘う男性は非常に多いですが、ナンセンスです。
そもそも女性は、一人の男性とセ〇クスをしたいと考える傾向にあります。
男性なら誰でも良い、と考える女性はほとんどいません。
アナタと同じように、女性も性欲処理でオ〇ニーをするということを覚えておきましょう。
前〇戯のテクニックが大事
早く挿〇入したい気持ちから、無意識に前〇戯をおざなりにしていませんか?
女性にとって前〇戯は非常に大事な要素。
男性は挿〇入できればすぐに快感を得られますが、女性は違います。
理由は男女の性的興奮の仕方にあります。
男性の性的興奮の仕方:すぐに興奮して、すぐに冷める(スイッチ型)
女性の性的興奮の仕方:徐々に興奮して、徐々に冷める(ボリューム型)
男は、性欲が一気に高まって一気に治まっていきますが、女性は徐々に性欲が上がっていきます。
引用:逢いトークブログ
女性は前〇戯によって、ゆっくりと性的興奮や快感を得ていきます。
興奮していないまま挿〇入に至っても、あまり快感を得られません。
そのため、男性はまず女性を興奮させる事を重視しましょう。
実際に、パートナーの男性に前〇戯の技術や時間が少なく、不満を覚えている女性は非常に多いです。
男性はペ〇スの挿〇入がセ〇クスの本番だと認識していますが、女性は前〇戯がスタートなんですね。
お互いに性的興奮を高めることを目指すため、男性は前〇戯も大事にしていきましょう。
演技をする
女性はセ〇クスで演技をしているのか?
男性が最も気になっている点ですよね。
「満足させていると思ってたのに、演技をされていただけだった…」
「なんとなく演技をしている気がする」
セ〇クスの度にそんな思いが頭をよぎるはず。
結論から伝えると、大半の女性は演技をしています。
GINGERweb:セ〇クス中に演技している女性が〇%もいることが発覚!
上記のサイトでは演技をしている女性は、9割近くいるという結果が出ています。
残念な結果かもしれませんが、世の中の女性は多少なりイったふりや喘〇声の演技をしています。
しかし安心してください、そこまで落ち込む必要はありません。
なぜなら、女性は演技をしているからといって、アナタにマイナスの気持ちを抱いているわけではないからです。
★女性がセ〇クスで演技をする理由
パートナーにより興奮してもらいたから
もっと喜ばせたい
傷つけたくない
演技をする理由は主に上記の3つです。
どれも男性を気遣っていることがわかりますよね。
決して女性はアナタを傷つけたいわけではありません。
セ〇クスをより良いものにしたい気持ちは女性も同じなので、その方法として演技をしているだけなんですね。
もしアナタがパートナーの演技に気づいても、過剰に落ち込まないようにしましょう。
体位は正常〇位が一番好き
女性が最も好きな体位、それは「正常〇位」です。
「結局一番普通の体位じゃん」と思われるかもしれませんが、事実その通りです。
様々な体位を試したけど、結局正常〇位が一番気持ち良いと言う女性も多いです。女性が慣れているという点も人気の理由となります。
引用:出会いの教科書ラブタ
女性はセ〇クスにおいて、快感よりも男性からの愛を感じたいと思っています。
精神的な満足度を重視しているので、それを最も感じられる正常〇位が好きなんですね。
男性が主導の体位なので、女性側の負担も少ないことも特徴です。
★正常〇位のメリット(女性目線)
向かい合ってるので行為の最中にキスができる
抱きしめたり見つめあったりして愛を確かめられる
ペ〇スが奥まで入る
クリ〇リスが刺激される
より愛し合えるという点では「対面〇座位」などもおすすめですよ。
男性は自分がより気持ちよくなれる体位を優先しがち。
女性の気持ちを考えるならば、正常〇位や対面〇座位などの向かい合ってできる体位も、積極的に取り入れましょう。
セ〇クス後はイチャイチャしたい
女性がセ〇クスに不満を覚える点として、「セ〇クス後の男性が冷たい」ということが挙げられます。
男性は射精した後、一気に性的興奮がなくなる「賢者タイム」に陥りますよね。
男性はすぐに興奮してすぐに冷める、という特徴があるので、賢者タイムはれっきとした生理現象の1つ。
しかし、女性はセ〇クスが終わった後も、すぐには興奮が冷めません。
セ〇クス後も男性とイチャイチャしたいと思っているので、賢者タイムの男性とすれ違いが生じてしまうんですね。
女性は、回数を重ねてイッたとしても、余韻が残り続けるため、S〇Xが終わった後も人肌が恋しいのが事実。
引用:CINQ
アナタがすぐに背中を向けて寝てしまっては、女性は不安を抱えてしまいます。
最悪、別れるきっかけになる可能性すらありますよ。
前〇戯や挿〇入時だけでなく、後戯も大切にしていきましょう。
女性の性欲について理解し、本音に気付けるようになろう!
個人差はあれど、男性と同じように女性にも性欲はあります。
勝手なイメージで「こうだろう」と考えてしまっては、いつまでも女性の本音にたどり着けません。
また、この記事を読んで女性の性質を理解しても、それで終わりではいけません。
あくまで知識でしかないので、きちんとパートナー自身の事を理解してあげることが最も大切ですよ。
この記事を参考にして、女性の本音を汲み取れるようになりましょう。