天ぷら油の火災って怖いよな。。

実は子どもの時に、一度だけ天ぷら油に火がついてしまった事がある。
その時は、私が料理をしていたわけではなくて、親が台所にいて、私はそれを見ていたという構図なんだけど、
とにかく、ボウっと見ていたら、突然天ぷら油に火が着いて「うわ!」ってなった。
その時はどうやって消したかはわからない。多分、大きな布のような物をかぶせたような気がするのだけど、
だいぶ記憶があいまい。
ただ、火が出たのが怖いなという記憶は残っている。
じゃあ、あの時どうすればいいのか?と思っていたんだけど、
↓の記事によると、、
天ぷら油の火災について
水を掛けるのは絶対NG! 濡れた大きな布をかぶせるのも、リスクが大きいようだ(うまくいけば消えるのだけど、布が燃えてしまうケースもある)
じゃあ、どうすればいいかという事に対する回答が書かれている。
まあ、ぶっちゃけると、てんぷら油消火用の便利グッズを使うって事なんだけどね。
でも、消化に失敗したら大変な事になっちゃうから、この手の消火グッズはすっごい大事だと思うよ。