周りにイエスマンしか置かないプーチン。ロシアでクーデターなどはあり得るのか!

本日はロシア情勢についてです。
米ホワイトハウスと欧州当局者は30日、ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻の戦況や欧米の制裁による経済へのダメージについて、側近から誤った情報を得ていた可能性があることを明らかにした。
ホワイトハウスのベディングフィールド報道官は、
「プーチン大統領が軍に誤解されたと感じ、軍指導部との摩擦につながっているという情報を入手している」
と述べ、
「プーチン大統領の側近は、真実を伝えることを恐れ、ロシア軍の侵攻がいかにうまくいっていないか、欧米の制裁が いかにロシア経済にダメージを与えているかについて誤解されていると考えている」
と述べた。
また、この情報はロシア側の戦略的ミスを示しているとも述べている。
米政府関係者は、米政府による情報共有がプーチンの戦略を複雑化させる可能性があると指摘。
同高官は、「この情報は有用である可能性がある」と述べた。
プーチンは誰を信頼すべきかを考え直すかもしれない。
ロシア大統領府と在ワシントン・ロシア大使館のいずれもコメントを得られていない。
欧州のある上級外交官は、米国の分析は欧州の見解と一致しているとし、
「プーチンは物事が実際よりもうまくいっていると考えているようだ」
と付け加えた。
問題はおそらく、彼が『イエスマン』に囲まれ、長いテーブルの端に座っていることに起因している」と彼は言った。
欧州の外交筋によると、ウクライナ侵攻に先立ち、ロシアの徴兵は軍事演習に参加することを告げられ、同時に任務を拡大する文書に署名するよう求められたという。
外交筋は、現時点ではロシア軍が反政府勢力を支援しているという兆候はないが、状況は予測不能だと述べた。
周りにイエスマンしか置かなければ、当然独裁者の意のままに国を動かすことが出来ます。
過去、本当に繁栄した国というのは、反対意見を聞き、この国にとってどの判断が正しいかをしっかり考えた指導者がいる国です。
基本的に人は自分がやった行為を正当化しかしないので、客観的に見れる人物を下に置くことの大切さを考えさせられるニュースでした。
ロシア情勢については今後もウォッチしたいと思います。