各試験ごとに関しての不満と葛藤についてどのような対策をしていけば良いのか

将来の職種に就きたいときには欠かせない試練になり、時には死にものぐるいになりなさいと言われます。しかし、そこまでは言いませんので、肯定的な取り組み方について述べていきます。初めに、取りたい資格については試験日まで間に合うように計画を立てることが大事です。簡単にいえば、過去問と教科書に関する問題集を解いていくことで自身がついていきます。成果基準は当日の合否に関係ない為に気にしないで大丈夫です。何度も繰り返して解いていくうちに自身がついていきます。そうなってくると試験日が楽しみになっていきます。なぜならば、スポーツに例えれば練習していくと試合がしたくなる心境と同じなのです。話を戻しますが、独学で問題を解いていくと集中するには限界があります。時には疲労にもなりますので休憩を挟んで軽い運動を入れていけば、不満と葛藤が発散できます。休憩が終われば再開していけば良いのです。これまでのことは懸命にするのですが、必要なのは、試験日は午前か午後一なので夜型から昼型の習慣を身につける必要があります。日中に仕事をしている場合と同じなのです。なので、寝る間は惜しまないで十分な睡眠と適度な軽い運動と朝日を浴びる習慣をまずは身につけると気持ちよく学習ができます。
PHP 勉強